ロレックスのGMTマスターの成り立ち

ロレックスのGMTマスターは、パイロットのために開発された時計です。

オイスター パーペチュアルGMTマスターとも言われています。

パイロットがチェックしやすいように、ローカルタイムとホームタイムの両方が同時にわかるようにGMT針を付けたのが特徴になっています。

GMTとはグリニッジ標準時のことで、グリニッジ天文台での平均太陽時を表すものです。

時計でGMTがついていると、飛行機の国際線パイロットや、世界中を飛び回る忙しいビジネスマンに人気が高い機能になります。

1950年代にデザインされたスタイルは、クラシックでスポーティ。

ロレックスは品格のある時計ですが、カラー次第では若々しくカジュアルに楽しむこともできます。

須賀質店でロレックスのGMTマスター買取商品の例として写真が載っているのでイメージしやすいと思います。

ロレックスのGMTマスターには、回転ベゼルとGMT針があり、任意の2か国の時差が分かりやすくなっています。

ロレックスのGMTマスターⅡでは、3か国分が表示できるようになっています。

GMT針にはブルーなどの色がついていてわかりやすく、回転ペゼルは、赤と青、黒と青などの2色で24時間を分別してで表示されているため、現地時間が夜か、昼かもわかりやすくなっています。